ご供養・法要について

葬儀・法事について

長全寺では、曹洞宗の作法に則り、常時2~5名の僧侶にて真心を込めてご葬儀・ご法事をご回向しております。檀信徒の方々は勿論の事、霊園等に墓所がある方々のご葬儀・ご法事等、仏事のご相談にも応じております。
詳細については、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

写真を拡大して見る

永代供養について

長全寺では、近年の少子高齢化、核家族化等による墓地承継者不在、及び今後のご供養執行者不在等に悩まれている方々からのご要望を受け、納骨堂及び合祀共同墓を併設し、永代供養等、皆様の想いに添ったご供養をご提案させて戴いております。長全寺の納骨堂・合祀共同墓は、柏駅より徒歩5分と好立地の為、大変多くの方々からご好評を戴いております。

仏縁深いこの機会にご家族皆様で、ご夫妻で、そしてご自身で「永久の安住地」についてご一考戴きたく、ここに謹んでご案内申し上げます。

永代供養を申し込まれた精霊については、毎朝の朝課法要(朝のお勤め法要)にて「当山永代供養諸精霊」としてご供養致します。ご命日には33回忌迄朝課法要にて故人様のご戒名を読み上げ、懇ろにご供養致します。
尚、永代供養は申し込まずに合祀墓(共同墓)に埋葬する事も可能です。 詳細については、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

・長全寺の合祀墓とは…

長全寺の合祀墓は、近年の少子高齢化、核家族化、後継者不在、または諸事情等によりお墓の承継や建立の難しい方々の為のお墓で、過去の宗旨、宗派を問わず長全寺住職より戒を授かった方なら、どなた様でも埋葬できるお墓です。
また、長全寺合祀墓は、ご遺骨を骨壷から出して埋葬(合祀)する為、合祀墓へ埋葬したご遺骨を返還する事はかないませんが、納骨室の底は土となっている為、「最後は自然に還りたい」という想いにも寄り添えるお墓となっています。

水子供養について

幼くしてあの世に旅立った小さな命を広大無辺の慈しみの心でお救いくださるのが長全寺の水子地蔵尊です。長全寺では、毎年正月、5月、9月の24日、午後2時より水子供養合同法要を本堂にてご回向しております。

また、15分程度の個別ご供養、お葬儀、地蔵尊のお膝下へのご納骨、個別地蔵尊の建立等もご案内しております。
お檀家様のみならず近隣縁者の方々も、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

写真を拡大して見る

お盆、大施食(施餓鬼)法要について

長全寺では、毎年8月17日に大施食法要(施餓鬼法要)を厳修しております。この法要は、長全寺にてお葬儀をご回向させていただいた新盆諸精霊と共に、檀信徒各家のご先祖様の為のご法要であり、お盆に因んだご法話や梅花講の奉詠もございます。
故人様を想う多くの人々の心の温かさを感じながら、多くの檀信徒の皆様と共にお手合わせを致しましょう。
ご参列、卒塔婆の申し込み等、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

写真を拡大して見る

大般若祈祷法要について

長全寺では、毎年4月29日午後2時より大般若祈祷大法要を厳修しております。「大般若経」六百巻を転読(てんどく)して、皆様の家内安全、身体健全、交通安全等をご祈祷させていただいており、祈祷法要に因んだご法話や梅花講の奉詠もございます。

尚、ご祈祷札につきましてはお檀家の皆様だけでなく、近隣縁者の方々の申し込みも受け付けております。

詳細については、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

写真を拡大して見る

除夜の鐘、元旦祈祷法要について

「一年の計は元旦にあり」と申しますが、長全寺では、年末の31日午後11時50分より境内大梵鐘に於いて除夜の鐘を撞いた後、午前0時10分頃より本堂に於いて皆様の家内安全、諸願成就を願う元旦祈祷法要をご修行致します。除夜の鐘は、来山された皆様全員に撞いて戴いております。

また、ご法要後は住職の新年法話があり、祈祷札を無料で配布しております。尚、毎年長全寺商店会の皆様による屋台も出店しますので、是非お立ち寄り下さい。
詳細については、当HP内のお知らせ欄をご覧戴くか、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

写真を拡大して見る

地鎮祭等特別法要について

長全寺では、仏前結婚式、地鎮式、七五三等、各種法要のご相談にも応じております。
詳細については、お気軽に長全寺寺務所までお問い合わせください。

ページTOPへ