長全寺について

歴史について

略縁起によると、天正3年4月25日、松戸市広徳寺5世、巧室梵藝大和尚を勧請し、曹洞宗寺院として開山した。その後15世紀以来この地域で勢力を張っていた戸張氏の菩提寺として栄え、寛永年間頃に戸張村の香取神社近くから現在地へ移転した。

明治25年、火災によって焼失した柏小学校を同寺へ移設した他、大正14年に東葛中学校(現・東葛高校)校舎を境内に竣工するなど、柏市の教育へ貢献し、今も地域と共にその歴史を刻んでいる。

御本尊様は釈迦如来像、両脇侍は普賢菩薩像、文殊菩薩像となる。この他、当寺鎮守金毘羅大権現、大日如来等の堂宇が境内に数多く有るが、中でも四国霊場と同胎の弘法大師像を安置した堂宇が特徴的である。弘法大師が祀られる堂宇は境内に2つ有り、四国88ヶ所霊場に由来する東葛印旛送り大師講の1番、60番札所として知られている。

昭和31年に金毘羅宮落成遷宮式、昭和41年に本堂を竣工し、昭和43年に平和観音開眼、同年2月20日寺格を格地へ昇等、昭和49年に山門(仁王像・四天王像)を落慶した。

当寺前住職33世中興・武田泰法師は、平成6年に長全寺檀信徒会館「飛雲閣」を落慶し、その報恩行として当時の大雄山最乗寺山主、余語翠巌老師を戒師様としてお迎えし「庫院檀信徒会館落慶記念報恩大授戒会」を厳修した。

その遺志を受け、現住職34世・武田泰道師が平成20年3月8日に晋山・結制法要を修行し、現在に至る。

写真を拡大して見る
 

宗旨について

  • 一、名称 
    曹洞宗(禅宗)と申します。
  • 一、伝統 
    曹洞宗は釈迦牟尼仏より代々の祖師がたがうけつがれて来た仏法であります。
  • 一、日本開宗 
    曹洞宗は今から750年ほど前に高祖道元禅師さまが我国に開創され、4代目の太祖瑩山禅師さまが盛んになされました。このお二方は宗門の父母に当たるお方ですから、両祖大師と申し上げます。
  • 一、大本山 
    越前の永平寺(高祖道元禅師さまご開創)
    鶴見の総持寺(太祖瑩山禅師さまご開創)
  • 一、本尊 
    曹洞宗は釈迦牟尼仏をご本尊と仰ぎます。
  • 一、本尊唱名 
    南無釈迦牟尼仏
  • 一、教義 
    私達は仏の御子であります。しかし日々仏の御心にそわない生活を操り返していますので、反省し懺悔して、仏の御子であるという確信に目覚めましょう。この時初めて帰依の心が強まり、毎日が自ら正しく明るく生甲斐が感ぜられて、世間のお役に立つことを喜ぶようになります。ここに端坐合掌して感謝報恩の生活を営み、どんな苦難にも負けない、真に安心立命の日おくりが出来て参ります。

境内案内について

画像をクリックすると境内の説明を表示します。

長全寺境内案内図 地下 納骨堂 庭園

開閉門、受付時間について

・開門時間 午前5時半(通年)・閉門時間 午後6時(夏季)午後5時半(冬季)・受付時間 午前7時半~午後5時半 葬儀受付に限り24時間可(電話対応のみ)※お正月、お盆等の期間中は上記時間に変更があります。

 
ページTOPへ